concept

CONCEPT

“More than Organic"
The word “organic” is more than important.
We consider the connection with our growers as well as guests.
Rest assured, we provide “powerful organic food” that is both tasty and safe with sensibility and style.

No chemical condiments are used. We only use organic produce that is grown by the most reliable sources. We think about our guests and offer only freshly prepared dishes. It is simple, but it is our belief.

"オーガニック"という言葉以上に大切なこと。
生産者とのつながり。提供するお客様との関係。
安心、安全で、美味しい"パワフルなオーガニック"を、私たちの感性やスタイルで提供すること。

信頼する生産者のオーガニック食材を使う。化学調味料をつかわない。
食べる人を想い、丁寧に調理して、料理を提供する。シンプルなことですが、私たちの信条です。

STORY

Since 2011
Life Stylist Yukari Ota helped open LAPAZ with several specialists in 2011.
Before the restaurant, in order to make full use of the space, we started a lifestyle shop with furniture, sundries and works of art as well as various workshop events to help suggest options for those in need of a new start.

In 2014, we reopened in Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo to focus on “food” and to be reborn as “ORGANIC TABLE BY LAPAZ.”

Life stylist大田由香梨プロデュースのもと、
さまざまなジャンル・職種の人間が集まり、2011年にOPEN。
前身の店舗では、広い店内を活かして家具や雑貨、アートなどを取り扱い”衣・食・住”を提案する
ライフスタイルショップとしてスタートし、様々なイベントやワークショップも行う。

2014年の渋谷区神宮前3丁目への移転リニューアルを機に、
より”食”へフォーカスし、ORGANIC TABLE BY LAPAZとして生まれ変わる。

Environment

reduce, recycle, sustainable
As a restaurant, we work toward sustainable development for our future world as much as possible. For instance, we do not waste food and ingredients nor do we with packaging.
We use only authority-certified recycled materials for packages.

大それた事はできませんが、一軒の飲食店としてsustainableな未来の地球の為に小さなことから取り組んでいます。
食材をできる限り無駄にしない事。過剰な包装をしないこと。
Take Awayの包材には機関認証のある再生包装材を使用しています。